BCRCの寄託サービス

BCRCがNBRCの顧客に提供する生物資源寄託サービス。

Link to NBRC

細菌の越境移動には、行政院農業委員会(BAPHIQ)での検査が含まれる場合があります。 BCRCは、これらの寄託書類を入手した後、輸入要件を調べる必要があります。

可能であれば、以下の情報を提供するものとします。

1.宣言または声明:この菌株は植物や動物に害を及ぼすものではありません。 (大学のレターヘッド付き、署名済み)

2.この属(関連種)、環境、特性、分類学、生物安全性の説明、真菌と植物の間の相互作用の説明(植物の成長、共生、植物の損傷などの促進など)に関するジャーナル。

したがって、BCRCが青信号を出した後に資料を送ることが非常に重要です。

公的寄託プロセス:

1.デポジット申請書、菌株データ表、菌株シーケンスおよびその他の文書を電子メールで送信します。ドキュメントをmailto:hyc97@firdi.org.twに送信してください

2.寄託審査を実施する(輸入許可)

3.レビューの承認後、BCRCは菌株と申請書を送信するように顧客に通知します。 (注:BAPHIQからインポート要件を取得するには本当に時間がかかります。)

4.保存プロセス

※必ず菌株を保管してください。処理中に問題が発生した場合は、再度ご連絡いたします。

5.譲渡性寄託とひずみ確認管が発行されます

公的寄託のプロセスフローチャートは、次のように要約できます:

経済部(MOEA)は、特許法に基づき、1994年4月21日より、微生物の発明特許に関連する出願の寄託機関として食品産業研究開発研究所(FIRDI)を任命しました。

「特許手続を目的とした生物材料の寄託の分野における台湾知的財産庁と日本の特許庁との間の相互協力を管理する運用上の方向性」は、https://patent.bcrc.firdi.org.tw/cooperation/で入手できます。 tw-jp-cooperation /

 

さらに詳しい情報が必要な場合は、NBRC-BCRCの担当者であるDr. PatriciaChengまでお気軽にお問い合わせください。 mailto:hyc97@firdi.org.tw